妊娠線を消す方法とは?

妊娠線を消す方法とは?消えない妊娠線の予防と対策

妊娠線を消す方法とは?

気になる妊娠線も予防や改善方法である程度目立たなくしたり、完全とまではいかないまでもある程度は消すこともできます。
ここでは妊娠線についてしっかり学んで予防、そして目立たなくしていきましょう。

 

 

妊娠線ができるのはなぜ?

 

妊娠線とは皮膚が急に引き伸ばされて割れてしまう状態にあります。
柔軟な皮膚であっても急激に太ってしまう事で無理に引き延ばされ、見た目が割れたようになってしまうのです。
妊娠中は特に太りやすいので注意しなければなりませんし、肌の乾燥が原因でもなりやすくなってしまいます。
そして妊娠線ができてしまうと消えることはありません。
一度できてしまうともうどうすることもできないので、予防するしかないでしょう。
妊娠以外でも急激に太ってしまうとできてしまうので注意が必要ですね。

 

・妊娠線はお腹だけじゃない

妊娠線といえば妊婦さんのお腹にできるというイメージがありますが、実はお腹だけではありません。
太ももやおしりにふくらはぎなど、いろいろな部分にできてしまいます。
妊婦さんの場合でも太ってしまうと全体的にふくよかになります。
また太るとお腹だけではなくおしりや太ももだって大きくなってしまいます。
その為、お腹だけではなくあらゆる場所にできてしまう可能性があるのです。
予防すればほとんどできなくなるので、妊娠したら普段から体重など管理しつつ妊娠線を予防していきましょう。

 

また妊娠線は消えるの?

・妊娠線は予防するしかない
妊娠線は一度できてしまうと消えません(薄くはなります)
ですので出来るだけ出来ないように予防するしかないのです。
主に乾燥が原因などでできやすくなることもあり、常に肌を柔らかくしておく必要があるのです。
妊娠中にでも使える妊娠線の予防クリームなどを頻繁に塗るようにしていれば、肌も柔らかくなり引き伸ばされても割れたようになることは軽減されるでしょう。
ただ肌を柔らかくしていれさえすれば大丈夫ということもないので、常に体重の管理など急激な太り方をしないように気を付けたほうが良いですね。
妊娠中の体重増加は妊婦の体にとっても胎児にとっても良いものではありません。
体重管理に肌の保湿をプラスさせてしっかり妊娠線を予防しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ